書類と女性

経理代行システムを導入してみよう

スーツの男性

個人でお店を経営されている方などは、自分で事務作業や経理業務を行わなくてはいけません。毎日の売り上げの管理はもちろん、年度ごとに決算もする必要があり、専門的な知識が必要になる上に細々とした作業も多く、なかなかに大変なことです。
お店の経理業務に頭を悩ませておられるなら、経理代行システムを導入してみてはいかがでしょうか。毎日の売り上げ管理から帳簿記入、そして決算まで経理代行システムがしっかりと行ってくれます。経理や簿記の知識やスキルが全くないという方でも、この経理代行システムを導入すれば簡単かつ、効率的に経理業務全般を済ませることができるのです。
従業員の負担を減らして業務を効率化させるだけでなく、経理代行システムには更なるメリットがあります。お店のお金とものの動きが一目瞭然となるので、最新野経営状態をいつもしっかりと把握することができ、分析にも役立ちますし、これからの戦略を立てるのにも有利です。お店の業務を効率化して更なる事業拡大を狙いたいと考えておられる経営者の方は、ぜひ経理代行システムの導入を検討してみてください。これまで事務作業に追われていた時間が短縮でき、新しい商品の開発やお客様の声を分析する時間に割り当てられます。

経理部門の能力不足に経理代行サービスを利用しよう!

企業において、長年にわたり経理担当者の育成や補充に疎かにしていた結果、人材不足や能力不足といったことに陥ることがあります。経理は人材を投入すれば直ぐに業務をこなせるというものでもなく、経験のない社員を補充することは負担を増やしてしまうこともあります。そこで、人材不足や能力不足を一時的に補うのであれば、経理代行サービスを導入してみませんか?
経理代行サービスは、経理経験の豊富なプロが対応してくれます。請求書や領収書などを送付して仕訳データを作成してくれるだけでなく、出張対応により自社内で経理業務をサポートしてくれます。契約内容によっては、経理代行サービスで決算業務に一部を委託することができ、勘定科目の経過勘定の消込作業や入金確認など手間のかかる業務を請け負ってくれます。高度な知識や経験が不要で、時間だけかかる経理業務を委託することで、経験の浅い社員の教育を決算時に行うことも可能になり、決算業務の効率化を図ることができます。
また、パートやアルバイトのように人材不足や能力不足が解消された際には、雇用打ち切りといった心配もないのも経理代行サービスのメリットです。必要なときに必要な労力を得られるため、経理部門でパワー不足を感じている管理者は経理代行サービスを検討してみましょう。

経理業務の時間短縮に経理代行サービスを導入しよう!

近年では、会社業務で生産性の低い業務をアウトソーシングし、社員が生産性の高いコア業務に専念するという考えが生じています。しかし、経理業務は昔から社内で行うのが当たり前で、些細な内容でも時間をかけるという生産性の低いことを行っていませんか?そこで、経理代行サービスを導入し、生産性が低く、業務負荷となっているものをアウトソーシングしてみませんか?
経理業務で意外に時間がかかり、生産性のないものとして仕訳処理があります。1つに会計処理を行うため数分から十分前後の時間は労務コスト的には無駄があります。しかし、経理代行サービスでは1仕訳数十円で請け負ってくれ、人件費の高い社員が会計処理を行うよりも低コストになります。また、決算時などには経過勘定科目の消込作業や入金確認も膨大な時間を要します。しかし、これらの業務を経理代行サービスに委託することで、空いた時間を消費税法の改正や新会計基準への対応に振り向けることが可能になります。
そのほか、今後は新会計基準として『収益認識に関する会計基準』が導入されることとなり、準備対応も必要になります。しかし、経理代行サービスではコンサルティングや公認会計士のサポートも受けられるため、この会計基準への対応も自社だけで対応することがなくなり、経理担当者の負担も軽減できます。


あらゆる業務を任せられる!《ライト・コミュニケーションズ》は経理代行を行っており、領収書などを渡すだけで手軽に利用ができます!相談は無料なので経理でお悩みの方にはオススメです!

経理の即戦力を確保するなら経理代行サービスを利用しよう!

個人事業主で会社経営をされている方、これから起業する方でどうしても確保したいのが経理担当者です。しかし、人材募集を行っても即戦力を確保できるとは限りません。過去に企業で経理業務に就いていたとしても自社の経理業務が直ぐにできません。また、簿記資格があるから…

くわしく


TOP

Copyright © 2020 業務効率化を図るために経理代行サービスを検討してみよう All Rights Reserved.